• スーツの男性とワールドチャート

投資の勝率を上げるには

手のひらに乗っている上昇気味の推移

投資の勝率を上げるためには、無闇矢鱈にポジションを持たないということです。売買をしないと利益を出すチャンスがありませんから、常にポジションを抱えているという人は少なくありませんがそのようなやり方は勝つチャンスもある一方で負けるリスクも大きくなってしまいます。相場の格言には、買うべし売るべし休むべしという言葉があるように売買をすることも大切ですが、時には休むことも大切なことになるのです。相場を眺めていれば勝率が高いポイントというのは必ずあるので、そのタイミングにだけエントリーをしていけば勝率を高めることができます。投資をする上で待つということは非常に忍耐力がいるもので、相場全体が盛り上がっていると勝率の高いポイントでなくても入って行きたくなってしまいますが、そこをぐっとこらえてチャンスが訪れるのを待つことが大切です。上昇相場を黙って指を加えてみているというのは、辛いものですがそれは結果論にしか過ぎません。上昇すると考えていなかったのであれば、そこはエントリーをするタイミングではなかったということになりますから、儲け損なったと考えるのではなくタイミングではなかったと思うようにしましょう。どれだけ好地合いであっても勝つことができる瞬間というのは限られていますから、その瞬間が見えてこない以上は手出しは無用です。適当に入ったポイントというのは利食いのポイントも損切りのポイントも曖昧なものになってしまいますから、利益が出ても伸ばしきることができず適切な時に損切りをすることができなくなってしまうので、タイミングというのは重要なものとなります。そのため、勝率を高めるのであれば常にポジションを持つのではなくここぞという時に取引をすることが大切です。